コンセプトと価格

なぜ木の家なの?

ff121_l-r01
最近、こんな問いを良く受けます。。。確かに、鉄骨や鉄筋コンクリートにも、それぞれの良さがありますので木造だけが良いとは限りませんが、古来より日本の「住まい」は木と土で構成されていました。これは、夏場に高温多湿となる日本では鎌倉時代後期の“徒然草”にも「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。」と書かれている様に、夏の暑さ対策の通風や日陰の組み合わせが最重要だったからなのです。現在、日本で建てられる「家」は高気密・高断熱と空調で一年中同じような室温の中で生活出来るようになっていますが、この事が結露~カビの発生~室内空気の汚染~シックハウス病等の発病に多きく関係しています。
また、使う建築材料が鉄骨や鉄筋コンクリートとフローリングや石膏ボードにビニールクロスでは、結露の発生を抑える吸湿や保温など望むべくもありませんが、木の家ならば、周りを囲む“木”や“土”が吸湿、保温、吸音してくれるので気持ちの良い居住空間が保たれるのです。
火災についても、柱や梁などの大きな断面のある木材は表面が炭化するだけで、燃え尽きる事はありませんので避難するのに十分な性能を持っています。火災で問題となるのは、新建材といわれる工業製品から出る煙と燃え易さなんです。
構造的にも、きちんと耐力壁を配置して木組みを行えば、生育されて来た樹齢以上に木は「住まい」としてご家族の生活を見守ってくれるでしょう♪

こんな方に、是非住んで欲しいのです

家族全員が健康でなくては楽しく生活できません。また、人が人として生きていく生活空間には、命あるもの…生命こそが必要なのではないでしょうか?森林の住人であった“木”や“土”は、工業製品ではないので、キズが付き易くて汚れも付く生き物なのです。可能な限り、ご家族で補修等を行って頂くことで家族間のコミュニケーションも活発になるでしょうし、子供さん達にモノづくりの楽しさや大変さを体験して貰うのも大切な事だと思っています。
また、必要以上の空調は、健康維持に必要な“頭寒足熱”という基本を崩し、頭が温かくて手足が冷えている万年冷え性となり、万病の元となります。最低限の空調は必要ですが、夏は暑くて冬は寒いという、当たり前の事を受け入れて頂けるご家族の“住まい”づくりのお手伝いをさせて頂けたら幸いです。

私を選んで頂ける理由

p5220044-r01
私自身は、県立浮羽工業高等学校の建築科を卒業後、建築設計・造園設計に携わっていますが、祖父・父・弟と、三代続く大工の息子でもあったので、「木の家」には物心ついた時から住んでもいましたし(昭和初期に建った自宅デス)、工事現場にも行っていました。また、平成19年には事務所兼自宅を“熟成していく住まい”と銘うって建て、様々な試みも行っていますので、施主・設計・施工すべての体験をお伝え出来ますし、自宅の2階バルコニーで“屋上花壇”、2階の屋根で「生ごみ」をリサイクルしての無農薬野菜を作る“屋上菜園”を行い、循環型の住まいを提案させて頂いています。
ご家族の“住まいの安全”や“食の安全”について、相談相手として私が最良だと思っています。

設計・監理の価格

(※住まいの場合)・・・消費税別

(100m2未満)   (100~200m2未満)   (200m2~)
■一緒にプラン
200万       250万        300万
使用材料の選定や造り手の選定など、とことん一緒にやりましょう!

■おまかせプラン
150万        200万         250万
ご希望の内容にて、使用材料や造り手をご用意させて頂きます。

■ちょこっとプラン
50万         75万        100万
法的に必要最低限の図面作成・確認申請・完了検査を行います。

■体験プラン(具現化プロジェクト体験)
一律¥5,000‐
夢の“住まい”の具現化(3D化)のお手伝い。

※上記金額は、当工房の報酬のみの表示となっています。
別途、各種申請手数料(確認申請・中間検査・完了検査)や測量費・登記費・地盤調査費などが必要となります。(具現化体験プランは別途費用無し。)